2013年10月28日

「Xbox LIVE インディーズゲームの歴史を振り返る」対談に参加しました!

おはようございます。開発担当のしごとです。
三歳児に「お前を……殺すよ!」と言われました。


かつて、マイクロソフトが Xbox LIVE インディーズゲームというサービスを始めました。
ざっくり言えば「ヘイお前ら! Xbox360 でゲーム作らせてやるよメーン。ゲーム機でゲーム作れるなんて夢みたいだろンフーン? それに売ってもいいんだぜンフーン? 毎年 1 万円の登録料がいるけど、そんなん安いモンだろブラザー」というサービスでした。

この実に壮大な、大陸的な試みが始まって5年。
実に 3000 本ものゲームが、Xbox360 で公開されました。「メゾン・ド・魔王」もそのひとつです。
さながら、「どんなゲームでも作ってよいし、売っても良いとき、人はどんなゲームを作るのか……?」という、世界的な規模の実験でございました。


さて、世の中には余人の理解を超える、色々な人がいるわけで。
この5年、公開された Xbox LIVE インディーズゲーム全てをプレイし、レビューするという荒行を行っている人物がいます。それが「毎日ムキムキ」の SSDM 様です。
「世間で低評価と言われているゲームを再評価しよう」という志のもと、200 本もの Xbox LIVE インディーズゲームのレビュー動画を配信してきた人物がいます。それが「低評価ゲームの魅力を検証しよう!」コミュニティの模範的工作員同志です。
そんな彼らの対談に、我々プチデポットも参加させていただきました。

毎日ムキムキ:Xbox LIVE インディーズゲーム 配信作品3000本突破記念 5年間、3000本の歴史を振り返る

スカイプでの対談は、「工作員同志の音声が途切れ、宇宙の彼方から届いたような異音が混じり出す」「工作員同志が、お母様から『服を着なさい』と叱られる」等のアクシデントに見舞われながらも、5 時間ほど続きました。実に楽しいひとときでございました。
僕としては、好きな Xbox LIVE インディーズゲームを聞かれたときに、もっと一杯答えたかったなあ、てことだけが心残りです。好きなゲームは山盛りあるのに! でも、語ってたら時間がいくらあっても足りないからな……。
posted by プチデポット at 11:35| Comment(0) | その他の活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。